ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

15分で1記事書くトレーニング

15分で1記事書くトレーニング

前回に引き続き

武器としての書く技術 (中経出版)

より

ブログ記事を仕上げるのに1~2時間かかってしまう、という人は、やはり長続きしにくい傾向があります。こういう人は、少し仕事が忙しくなっただけで、ブログを書く余裕がなくなってしまうからです。

まさにその通り。おっしゃる通り。

これまでのぼくそのものです。

執筆にかける時間は、少なければ少ないほどいいです。
理想は一記事15分、これくらいを目安にしてください。このくらいサクッと書けるようになれば、継続するのは格段に楽になります。

なるほど。

しかし、そんなに簡単に15分で一記事書けるようになれるのか?という疑問が生まれます。いままで1時間も2時間もかけて書いていたものをいきなり15分にすることはできるのか?

これに対するぼくなりの答えを出しました。

15分で書けるところまででやめる。

これをすると、かなり中途半端な記事になるでしょう。

しかし、前回も書いた通り、いまのぼくの書く文章は、ないのも同じ文章です。

(前回の記事はこちら)

masanori-ver2.hatenablog.com

 

著者のイケダさんレベルになると「インスタントだ」と批判されることもあるらしいですが、いまのぼくがするべき心配ではありません。

とにかくスピード感を持って記事を量産できる基礎を身につけよう。


15分たったのでこの記事はこれでおしまい。
(15分で586字)