読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

ロスジェネよ、もう一度立ち上がろう。

考えたこと

はてなブログを始めてから大学生たちのブログを積極的に見ています。

たとえば、こんな方々

www.jimpei.net

www.proof0309.com

www.aikatorisu.net

若い人のブログを見る理由

・若い意見が参考になるから

・単純にとても面白いから

・これからの未来を創っていく若者たちのことを知っておこう

という大義名分に「いまの若いヤツはいいよなぁ」という妬みを添えて。

 

約20年前のぼくらが大学の頃のインターネット環境と言えば、

・インターネット自体がこんなに普及していなかった。

・インターネットといえば、ダイアルアップ接続のすっげぇ遅いやつ。

・パソコンはブラウン管画面のデスクトップか、ものすごい高いノートパソコン。

・ブログで自分の意見を発信するなんできやしない。

 

ロストジェネレーション

 

さらに今思えば、ぼくが大学を卒業した2001年は

世に言う

失われた10年

の真っ只中。超就職氷河期といわれる時代です。

 

すぐ上のバブル世代が味わった繁栄も経験できず、怨みさえ感じます。

と、ここまで考えて、ふと作曲:坂本龍一、歌:中谷美紀の”砂の果実”のフレーズが頭に浮かびました。

 

あの頃の僕らが 嘲笑って軽蔑した

恥ずかしい大人に あの時なったんだね。

 

10年単位くらいでの世代間での怨み・妬みは繰り返されていくものでしょう。

ぼくらも学生の頃は「いまの若いヤツは…。」と言っている大人を嘲笑って軽蔑してたんです。

そんな、ぼくなのに

しまった。

やってしまった。

いま、ぼくは「下の世代に嫉妬する」あの頃、軽蔑していた大人になっていた。

 

いまからでも遅くない

自分が軽蔑していた大人になるのはやめよう。

作家の本田健さんも言っています。

「人生の中で一番年をとっているは今です。しかし、一番若いのも今です。」

人生で一番若い今から、もう一度立ち上がりましょう。

不遇の時代だったから、と嘆いてる場合ではないですよ。

 

 

”砂の果実”はこちら


中谷美紀 『 砂の果実 』①( 最新YouTube アプリ 歌詞 有ります 画像は有りません )

 

ロスジェネよ立ち上がろう