読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

運営するブログが1日100PV以下のぼくでもnoteを楽しんでるよ。

f:id:masanori_ver2:20160126133940j:plain

note始めました

この記事を読んだ人はホントに運がいいですよ。超ラッキー。

なんせタイトル通りこのブログのPVは、基本1日100以下ですから。

そんなブログ界の端の端、極地でボソボソつぶやいているだけのぼくのブログにせっかく訪問してもらえたんですから、いいこと教えますね。

 

noteブームは乗っとくべきですよ。特にぼくと同じような弱小ブログを運営する人は。

 

と言うわけで、noteをはじめました。

そう、あのnoteです。今流行の。

 

サイトはこちら

note ――つくる、つながる、とどける。

 

知らない人のためにサイト内のガイドを引用しておきます

noteでできること

文章や画像、音声ファイルの記事(ノート)を簡単につくり、 つくった作品を手軽に売り買いすることができます。フォローやコメント、お礼のメッセージを使って、 ファンとのコミュニケーションも可能です。また、複数のノートを束ねるマガジン機能で、 小説の連載媒体、写真集、音楽アルバム、ファンクラブとしてもご利用いただけます。

 (改行位置は変更しています)引用元https://note.mu/guide

 ざっくり言うと、自分で絵やマンガ、写真、文章などの作品をつくって販売することができるサイト。もちろん無料での記事投稿も可能で、自分が買い物さえしなければ無料で利用できます。

 

 

 やってみた結果

なんと、

ぼくの書いた記事が売れました。

これホントに。

 

 

こんな風に書くと、

「じゃあ実際いくら稼いだか、言ってみろよ。」

ってなりますよね、当然。

その質問に、お答えします。

 

「言えません。」

 

いや、正確には、

 

「まだ恥ずかしくて、言えません。」

 そう、お察しの通り少額です。

 

 

ですが、いかに少額であろうと自分のつくった記事がお金になった、という点を見逃してはいけませんよ。

 

繰り返しますが、ブログ界の端の端、極地でボソボソつぶやいているだけのぼく書いた記事がお客さんに売れたんですよ。

 

これはもう、超楽しい、超気持ちいい、超うれしい、でしょう。

 

こんな風に書くと

「金目当てで、くだらない記事を書いて売りつけて喜んでんのか。」

と反感を持つ人もいるんでしょうが、書いた記事の内容は自信を持ってます。

そして、買って下さった人には、概ねご満足いただいています。

 

というわけで、

こんなぼくでも、note楽しんでます。大多数のぼくよりブログで実績のある人なら、もっと楽しめますよ。

この機会に是非。

 

最後にもう少しnoteについてのぼくの意見を聞きたい人は、こちらの記事をどうぞ。

(1月26日現在100円)

 

あと、どうしても

「どうせくだらない、しょぼいこと書いてるんだろ!」

と思う人も一応買ってみてから文句を言ってくださいね。

 

 

note.mu