ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

こどもが新幹線マニアに、いや新幹線博士に育っている件

うちの息子(小学校1年生)は、新幹線が大好きです。

特に親の方から促したわけではないんですが、新幹線関連の本を読みまくっています。

本好きなところはぼくに似たんでしょう。

新幹線博士の息子

いま持ってる本がこちら

そしてきのう息子が言いました。

「父さん、あした新幹線みにいこっ。」

と言うわけで、見に行ってきましたよ。新幹線。

駅のホームで新幹線を待つ

駅のホームで新幹線を待つ息子。

ぼくと息子、娘の3人で入場券を買って駅のホームへ行きました。

妻は「寒いから行かない。車で待ってるから。」と言ってホームへは同行せず。

ちなみに「猛スピードで走り抜ける新幹線もみたい。」という息子のリクエストに応えて「ひかり」「のぞみ」は停車しない東広島駅に行きました。

走り抜ける新幹線、そしてレールスターの到着


ものすごいスピードで走り抜けるN700系。

なんですが、写真の撮り方のせいでまったくスピード感でてませんね。残念。


こちらがレールスターの登場シーン。

「レールスターがきた!」

と息子は大興奮でした。

レールスター豆知識

「自分は新幹線には詳しくないけど、子どもには新幹線うんちくを話してやりたい」

そう思った人のためにレールスターの豆知識をメモしておきます。

名前:ひかりレールスター700系

最高時速:285km/h

編成:8両編成

定員:571名

特徴その1:普通車の指定席は座席が2列並びなのでグリーン車みたいにゆったりしている。

特徴その2:パソコンをおいて作業ができる「オフィスシート」がある。

特徴その3:グループで利用できる4人部屋「コンパートメント」がある。

歴史:2000年に少し豪華な「ひかり号」として山陽新幹線の新大阪~博多間で運行開始。2011年からは各駅停車の「こだま号」としても運行されるようになる。

子どもに対してこれくらいのうんちくを語ることができれば、

「父さんすげぇ!」

と言ってくれるはず。

ちなみに

うちの息子は上記の豆知識をぼくに語ってくれました。

もう覚えてるんですよね。

家で何度も本を読んで、写真を眺めてるんですよ。

もちろん、息子は今回始めて本物の新幹線を見たわけではありません。

もう何度も見に来てます。

その度に大興奮しながらうんちくを語っています。

「ホントにスキなんだなぁ。」

と感心してしまいます。

まさに、

好きこそものの上手なれ

ですね。

以上、フジイマサノリ(@masanori_ver3)でした。

関連記事

www.fujiimasanori.com

もうひと記事いかがですか?

人気記事はこちら

こちらもオススメ

このブログについて