読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

元海上自衛隊がこっそり教える”本物の海軍カレーは本当に旨いのか?”

生活の備忘録

f:id:masanori_ver2:20160216170335j:plain

プロフィールでも少しふれたんですが、ぼくは元海上自衛隊員です。

海上自衛隊といえば

”毎週金曜日はカレーの日”

と言うのは有名な話でしょう。

なぜ毎週金曜日がカレーの日なのか?

ざっくり簡単に説明します。

海上自衛隊の船は、一旦航海に出ると1~3ヶ月は陸地に戻らないのはザラです。

長い時には半年以上船の中で生活することもあります。

そのため日にちの感覚がなくなり

「今日、何曜日だっけ?」

ってなるのを防ぐために毎週金曜日はカレーを食べて曜日感覚を取り戻すのです。

市販の海軍カレーはホントに美味しい

海上自衛隊のある港にはそれぞれ海軍カレーが食べれるお店がたくさんあります。

横須賀・舞鶴・呉・佐世保あたりが超有名でしょう。

レトルト製の海軍カレーも販売されています。

ぼくのオススメがこちら

地元だから広島を贔屓してるみたいですけど、ホントにこれ美味しいです。

実際に隊員が食べている護衛艦の中の食堂のカレーはどうなのか?

f:id:masanori_ver2:20160216170137j:plain

(※実際に船で食べるカレーは写真とは全く違います。)

船の中の食堂のカレーの味は、船の調理師の腕次第です。

元も子もない話ですいません。

でもこれ結構重要で、隊員の中では

「メシのまずい船は指揮が下がり人間関係もうまくいかない」

という言い伝えがあり、メシの旨い船への勤務希望は他の船に比べて実際に多いんです。

転勤の時期になると

「どの船のメシが旨いか?」

という話題は必ずでますから。

同じレシピで作っているはずなのに船によって味に個性が出てしまってるんです。

なぜ船によって味が違うのか?

単純な話ですが、調理師がレシピ通りに作ってないんです。

言い方は悪いですが、

「シェフ気取りでアレンジする奴がいる」

ってこと。

ベテランの調理師になると、そのアレンジがうまくなってホントにおしいいカレーを作れるようになる人もいます。

しかし、中堅どころは思考錯誤中なのでしょう。

とんでもなく不味いカレーを出すことがあるんですよ。

その日は、もうみんな口をそろえて

「今日のカレーは普通じゃない」

と言っています。

確かにお客さんにお金を払ってもらうプロ料理人なら、

試行錯誤して独自のレシピを開発する努力は必要です。

しかし、自衛隊の場合は違います。

それしか食べるものがない状況でシェフ気取りで失敗したアレンジ料理を無理やりにでも食べないといけません。

レシピ通りに作ってくれればいいのに。

新人が作るカレーが一番旨い!

結局「言われた通り、レシピ通り」に作る新人調理師の作るカレーが一番旨いんです。

下手な冒険をせず、まじめにレシピを守ってくれる新人のカレーはホントに旨い!

結論として

レシピ通りに作ってあれば船のカレーはホントに美味しい。

船のカレーもレシピ通りに作れば、市販のレトルトの海軍カレーとほぼ同じ味になる。

今回は、以上です。

関連商品はこちら 

もうひと記事いかがですか?

人気記事はこちら

こちらもオススメ

このブログについて