ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

人生は、ぼくらが思っているより くだらない……。けど、おもしろい。

どうにかしてTwitterのフォロワーさんを増やしたいと考えているフジイマサノリ(@masanori_ver3)です。

これまでいろいろな戦略を考え、実践してみるもののいまいち効果がでず。 いや、効果が出ないというよりは途中でやめているというのが正解でしょう。

大体、そんなに早く効果でるわけないですからね。

がしかし、Twitter戦略については常にアンテナを張ってましたから、今日、たまたま寄った近所のじょぼい本屋ですごい本を発見しましたよ。

それは、「とおるくんのだるい毎日をシュールな笑いに変える本」です。

この本の著者 とおるくん(@toru_kunn)は5万人を超えるフォロワーをもつアルファツイッタラー。

Twitter戦略について大いに参考になりました。

以下、ためになるところシュールな笑いをまとめておきます。

角度を変えれば見え方が変わる

すぐに目の前にあるものを信じてはならない。

この世には、嘘と真実しかない。

やっかいなのは、嘘も真実であるかのようにふるまっているところだ。

そこの広告も、友達の言葉も、嘘であると疑ってみると、とたんに印象がかわるだろう。

物事は見る角度をかえれば、よくも悪くもなるって意味らしいです。

言っていることに深みがある気がします。まぁ、詳しくは書籍をご覧ください。

とおるくんのシュールな笑い

以下、本書に収録されている とおるくん のシュールなつぶやきを一部紹介します。

「親からもらった顔を整形するなんて申し訳なくてできない! 」(親にもらった顔かどうかもわからなくなるくらいの化粧をしながら)

時間にルーズなのに高級時計つけてるやつ、なんなんだ。

週5日働いて2日休む制度つくった人、算数できないのかな。どう考えたって休み足りないでしょ。

「スタバなう」でツイート検索すると、アホそうな人がたくさんいるよ。

この映画は映画館で見るべき!!って言われたときのうるせぇ黙れ感。

「なにかおもしろいことやりましょうよ~」って言うやつは100%つまらん。

お前も「休み」のことを「オフ」って言っちゃうタイプの人間かー。なるほどなるほどー。

一人称が「ウチ」の人で、まともな人見たことない。

自撮り写真に猫っぽい鼻とヒゲを付け加えるな。

スクロールすると追いかけてくるバナー広告作った人のメンタル、どうなってるんだよ。ウザすぎるだろあれ。

Facebookのことを「自意識の展示場」って呼んでいる。

来週末はダブルデートの予定なんだけど、あと3人足りない。

まとめ

「なにかおもしろいことやりましょうよ~」って言うやつは100%つまらん。

とか最高ですよね。

こう言う誰もが一度は感じたことのあるようなことをうまく言葉にする能力がほしい。

いや、言葉にする能力というか、その場面を切り取る能力でしょう。

角度を変えてものの見て、うまく場面を切り取り、言葉にしていきたいものです。

最後にぼくのオリジナルな言葉もいれておきます。

「これ絶対にウケる! 」と思ったネタほど思い出せない。

以上、フジイマサノリ(@masanori_ver3)でした。

もうひと記事いかがですか?

人気記事はこちら

こちらもオススメ

このブログについて