ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

プロブロガーの人たちはLED電球なんだと思った。

f:id:masanori_ver2:20160513161706j:plain

ぼくは、よく「ホンマでっかTV」という番組を見ています。この番組に環境評論家として出演されている武田邦彦先生がこんなことをおっしゃっていました。

「脳の出力は25W(ワット)だ」

たった25Wですよ。電球で言えばトイレについてるヤツより暗い。

ちょうジョボいじゃないですか。

25W使って文章を書く

ぼくみたいに経験の浅いブロガーは毎回25W使って文章を書いているんです。25W使って文章を書いて、書き終わったらまた25W使って文章を推敲する。

そして、

  • 狙ったキーワードがタイトルに入っているか? 
  • アイキャッチの写真は適切か? 
  • 記事中にアフィリエイトを入れられないか?
  • 売り込みすぎていないか?
  • 見出しはちゃんとつけているか?
  • 誤字脱字はないか?
  • 意味不明な箇所はないか?

などなど、もう全部の項目に25Wづつ使って書いてるんです。 だから時間もかかるし、途中で集中力が切れて文章自体の完成度も上がらない。

プロブロガーたちは3.9Wで25W相当の出力ができる

これに比べてプロブロガーと言われる人たちは3.9Wの消費電力で25W相当の出力ができるLED電球みたいなもんです。

よく「息をするように文章を書く」とか言われますが、まさにその通りで書くことに対してすごい省エネなのに出力は変わらない。だから、執筆スピード自体も早いし、完成度の高い文章が書ける。

経験の浅いブロガーはどうすればいいか

電球の話ならLED電球を買ってくれば済むんですが、脳となると買ってくるわけにはいきません。

結局、ひとつひとつの作業を省エネでできるようになるまで続けるしかないんです。

まずは、キーワードがどうだとか、売り方がどうだとか、見出しがどうだとか考えずに息をするように書くトレーニングをする。

息をするように文章が書けるようになってから、その他のテクニックについてトレーニングを始める。

あれもこれも、いっぺんにやろうとするからしんどくなって続かないってことに気が付きました。

まとめ

いろいろ文章術についての本を読んで研究しましたが、まずは書くことに対しての消費電力を下げるために徹底的に量を書くことにします。息をするように書けるようになれば他のことに力をとっておけるはず! 

以上、フジー( @FMasanory )でした。

もうひと記事いかがですか?

おすすめ記事はこちら

このブログについて