ほんの5%

本の5%、生活のなかの ホンの5% を切り取るブログ

学習の基本は「分類する」こと!成功者を分類して自分をあてはめよう!!

「幼児教育の基本は正しく分類する能力をつけさせることだ。」

と何かの本に書いてありました。(すいません、情報元は失念しました。思い出したら追記します。)

子ども向けの分類でいうと、

うさぎ・ライオン・ねこ・トラ・いぬ・ねずみ・へび・さる

この動物を仲間同士に分けてみましょう。

この問題に対しては、例えば

かわいい・・・うさぎ、ねこ、いぬ、ねずみ、さる

こわい・・・・ライオン、トラ、へび

っていう分類ができます。もちろん他にも好きな動物と嫌いな動物、大きい動物と小さい動物、なんて分け方もできます。

「主観でも客観でもグループを分けて考える能力をつけさせよう」ってことです。

つまり分類する力とは、「物事の共通点、相違点に気がつく力」と言えます。

これって幼児教育に限らず、大人にもとっても大切な能力ですよね。

実はぼく、こう言う分類作業って大好きで頼まれてもいないのに勝手にやります。

人気ブロガーを風林火山に分類する

f:id:masanori_ver2:20160226105108j:plain

風林火山とは武田信玄の軍旗に書かれていたことで有名な言葉です。

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」(疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如し、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し)の通称である。

風林火山 - Wikipediaより引用

この風林火山に人気ブロガーを当てはめていきますよ。

ちなみにご紹介する方を含め一流の方はすべての要素を兼ね備えていらっしゃいますが、あくまでもどこの領域が強い傾向にあるか、という基準でご覧ください。

なお、これはぼくの完全なる主観でありご本人はもとよりファンの方にも違和感があるかも知れません。その辺りは寛大な目で見てください。

それでは始めます。

疾(はや)きこと風の如く

風・・・はあちゅう(@ha_chu)さん

lineblog.me

ものすごいスピード感をもって様々なことに取り組まれる姿はまさに疾風怒濤です。

オンラインサロン、noteなど新しいサービスへの対応も早く先陣をきるパイオニア的存在でしょう。

この人はものすごい勇気と行動力の持ち主ですね。

今から10年以上前の女子大生の時から顔出しでブログを運営されてますから。

かなりの苦悩もされているようですが、詳しくは

を読んで見てください。

徐(しず)かなること林の如し

林・・・プロブロガーのヨス(@yossense)さん

yossense.com

情報の発信者が静かってことはないのでちょっと意訳的に解釈します。

結構キツ目の主義・主張・意見でもヨスさんの文章は読み心地がマイルドです。読んでいてすごい癒される感じがします。ゆるい感じの似顔絵のアイコンも親近感湧きますし。

また、ドラクエについての記事がものすごい熱量で書いてあります。ドラクエネタなんてぼくにはビンゴで刺さりますが、世代が違えば林、いや樹海に迷い込んだように思うんじゃないですかね。(ヨスさんすいません。ぼくは大好きです。)

こちらの書籍もオススメです。

侵掠(しんりゃく)すること火の如く

火・・・イケダハヤト(@IHayato)さん

まだ東京で消耗してるの?

だと思ったでしょ。その通りです。なんならイケダさんの火からこの記事の草案を思いついたようなもんです。ご自身も炎の魔術師とかメラゾーマとかおしゃってますからね。

当然この煽りスタイルはビジネス的な戦略もあるんでしょうけど、ぼくは「イケダさんは自分に正直で他人に対して誠実であるがために結果的に人を煽るスタイルを習得された」と感じています。

その辺りはこちら

を読んでいだだければ詳しく書いてあります。

(ちなみにはあちゅうさんとタッグを組んで主催されているちゅうハヤサロン燃え盛る炎を疾風が更に煽るという災害レベルの出来事だと思います。メラゾーマじゃなくてイオナズンです。)

動かざること山の如し

山・・・かん吉(@kankichi)さん

www.wakatta-blog.com

こちらも情報の発信者が動かない訳がないので意訳的に解釈します。

ぼくはかん吉さんをブログ会の重鎮的な存在として認識しています。カエレバ、ヨメレバの存在はデカイでしょ。それだけでも自分のブログがオシャレな感じになった気がするし。かん吉さん、ありがとうございます。

それとかん吉さんのブログの記事のジャンルが幅広いのも裾野の広い山を連想させますね。

あとこれ、

この本いろんなブログでオススメしてありますからね。

ぼくも買って読みました。そしてこの記事でも紹介します。

まとめとして

以上のように分類てみましたがいかがでしょうか?

「ちょっと違うな?」

「風は○○さんだろ。」

みたいな意見もあるかも知れないので、そのあたりは自分で考えてみてください。

偉大な先輩方を分類することで、

「自分はどのスタイルに近いだろう?」

「どのスタイルを選べば無理せずにブログを続けられるだろう?」

と考えてみましょう。

ちなみにぼくはプロブロガーのヨスさんのスタイルでやるのが一番無理なく素に近い状態でいられるかな、とお手本にさせてもらってます。

今回は、以上です。

もうひと記事いかがですか?

人気記事はこちら

こちらもオススメ

このブログについて